複数のiso取得を目指している企業がするべき事前準備

ネクタイを締める男性

iso取得の審査内容について

人差し指を立てる女性

審査員による審査は、規模が大きい企業ほど時間がかかります。例えば従業員100名以下の所がisoの申請をしたとします。人数がそれほど多くないので、従業員の仕事ぶりをチェックするのにあまり時間を必要としないです。時間は、品質のisoなら1日約7時間の審査を4日ほど行うと推測できます。逆に従業員がもっと多い所の場合は、調べる部分が豊富にあるため、審査が終わるのに1週間以上必要になります。
ドライバーの隣りに、審査員が乗ることがあるのが交通安全のisoの審査です。会社が定めた規則通りに運転すればいいだけですが、隣りで調べている人がいるので、教習所で学んでいた頃が頭に思い浮かぶかもしれません。審査員は、ドライバーが運転中は口出しをすることはありません。運転中に意識を別の方に向けるのはよくないと知っているためです。ただ、目的地に着いた時は、何か意見を述べることがあります。iso取得のヒントにつながるので、社長の耳に入れた方が得策です。
2回目の審査は1回目に比べるとやや厳しくなります。声を出して何か言うことはありませんが、審査員の目つきが1回目よりも険しくなるので緊張感は2回目の方が上です。例えば個人情報のisoの審査の場合は、休憩時間でも社員がPCやスマホを触っている所を見るので、何もしない方が無難です。