複数のiso取得を目指している企業がするべき事前準備

ネクタイを締める男性

iso取得におけるコミュニケーション障害

国際的に規約に準じたルールを決めるiso取得する事により、作業内容を明確にすることでの効率化が望める一方で、コミュニケーション不足による人間間の情報が互いに行きわたらず新たな作業でのミスが生まれてしまう原因にもなりえます。
そもそもiso取得をしたからといってすぐさま作業効率が上昇数ることはめったになく、まずは人材にisoの規約にそったマニュアルを受け入れられることが先決であり、コミュニケーションでの情報伝達を重視しなければ新しい体制を早い段階で受け入れられる事は難しいことなのです。
iso取得をすることで企業はコミュニケーションが増加するか減少するかの2択に迫られると思います。減少する理由は単に作業がマニュアル化し、自身が行うことが明確になっているのでわざわざ人に聞かなくてもよい状況になるからという理由です。増加すると理由は、isoに沿った規約の中でコミュニケーションが減少する事を事前に予知した責任者が意識してコミュニケーションを増加させるよう行動を行うという事です。
情報伝達という意味ではコミュニケーションがあった方が良く、単純作業を黙々と行う意味ではコミュニケーションは不要だと、そこは企業によって考え方が違う難しい問題とが発生します。

iso取得するを前に必要な事と準備

iso取得経験がなく知識が空と言える状況の際は、iso取得を急にしたいと思っても上手くはいかないものです。社員達に伝えようとしても、社長自身が勉強不足の場合は上手く説明することはできません。なので、ネットで取得した企業の話を調べたり、本屋でiso関連の本を買ったりして、知識を身につける必要があります。
他にも、コンサルティング会社が行っている研修に参加するという方法もあります。審査員達が審査の際に何を調べているのかを詳しく説明するので、参加をすれば良い勉強になることでしょう。あと、研修が終わる頃には頭の中に何をすべきかが入っているはずです。知り得たことを社員達に伝えれば、目指す方向を理解してくれるはずです。
取得をする前の準備として、社員達の意識改革が必要になります。例えば仕事中によそ見をする、または少しでも暇だと感じたらスマホを触る、などを社員達が行う状態でisoの申請をしたとします。その時は審査員に即座に不合格扱いされます。合格するには、会社内で規則を定めたり、マニュアルを設定して仕事に対する意識を変えないといけません。
規則が会社内に浸透するには半年、長ければ1年以上かかるかもしれないです。社員達が定められた通りに動くようになった時が、isoを申請するのに最適な時期です。iso取得をしてより良い社内環境を作りましょう。

複数のiso取得を目指している企業が多い

最近は1つ目のiso取得をすると、2つ目を目指し始める傾向があります。例えば食品を製造しているメーカーの場合は、食品安全のiso取得をしたら品質を目標に定めることが多いです。安全で品質的に優れた食品を生産し、それを消費者に確実に送り届けようというのがメーカーの狙いです。成功すれば顧客から多大な信頼を得られるので、目指す方向性としては最適と言えます。
家の建設を主に手掛けている建設会社は、まず環境のiso取得を目指します。その後に労働安全の取得を目標に定める傾向にあります。家屋の建築中に周囲の環境に配慮しつつ、更に働いている従業員達の安全も確保するのが会社の狙いです。
内容的に立派なことなので、従業員達に話を伝えればすぐに理解を示してくれます。あと、取得できると地域の人達より今迄以上に信頼されるようになるため、仕事の依頼が増える効果も期待できます。仕事が増えると会社の売上増加、そして従業員達の給料も上昇するので、会社全体のやる気の向上につながります。
isoを1つ取得できた時は、その企業の社員達が規則正しく動けている状況です。なので、2つ目を目指し始めた時は最初に獲得した時よりも、取得に時間がかからない場合がほとんどです。

list